テレビ情報のデータベース化、知識化、ネット情報の収集、多角的分析が現実世界を浮き彫りにします

非常時に強い運用システム

コロナウィルス禍をはじめ、大規模な自然災害が多発する環境下でもタイムリーに『迅速、且つ適確な情報収集』が行えることが必須条件となっております。
 
JCCではシステムの安定化の為、以下の様な多重化と多極的なサーバー配置やネットワーク網の構築により、障害に強い運用構造を確立しました。
 

    • ① 複数の同時並行処理
    • ② 複数の並行ネットワークシステム
    • ③ マルチプレックスDBシステム
    • ④ リアルタイムで強力なシステム監視システム
    • (「電子機器監視システム及びデータ管理サーバ」 特許第6697259号)

 
また、メタデータ作成においては以下の様に災害時の作成体制を維持する戦略とっております。
 

    • ① 緊急時の分散型メタデータ作成システム(リモート情報作成)
    • ② AI的手法によるメタデータの自動作成

 
これにより国家非常事態宣言の状況下においても安定的にメタデータの提供が可能となり、これまで各種サービスはノンストップでご活用頂いております。