テレビ情報のデータベース化、知識化、ネット情報の収集、多角的分析が現実世界を浮き彫りにします

テレビ報道にみる 月間『Good Brand 10』

 

全ニュース・報道を網羅的に

全国のニュース、報道を秒単位で網羅的に分析、集計し、各局・各時間帯のCM価値で換算し(コマ換)、各企業別に1ヶ月間の動きを集計しました。その結果をもとに「Good」なブランドのベスト10を発表しています。 

 

4016社、団体が対象

東証1部、2部、大証、ジャスダック、マザーズ、ヘラクレス各市場の上場企業と未上場の有力企業を加え、全4016社・団体を対象として月単位のブランディングベンチマークを実施、指標(インデックス)化しました。 

 

Goodニュースに絞る

膨大な全テレビニュース、報道から4016社・団体のデータを拾い上げ、そのなかから「Goodニュース」に絞って集計し、ランキングしました。そしてその集計データの中から「Goodニュース」を選択し「月間ベストブランド10」をリストアップ。その結果は、随時このページで発表していきます。ぜひご注目下さい。 

 


『Good Brand10』 6ヵ月推移

 
集計・選別したGood Brand10 の6ヶ月間の推移を発表させていただきます。
(2010年6月より全国版の集計となっております。)


 6月
 
1.三井不動産 (換算価値2378百万円)
2.西日本旅客鉄道
3.東日本旅客鉄道
4.東急不動産ホールディングス
5.エイチ・アイ・エス
6.ローソン
7.ヨドバシカメラ
8.任天堂
9.宇宙航空研究開発機構
10.歌舞伎座
 
6月度のテレビ報道CM価値換算は、三井不動産が「ららぽーと」豊洲店や新三郷店、「新日比谷プロジェクト」、そして「ダイバーシティ東京ブラザ」の紹介等で23億7800万円を獲得し、第一位に輝きました。


5月
 
1.三井不動産 (換算価値3811百万円)
2.東日本旅客鉄道
3.三越伊勢丹ホールディングス
4.ニトリホールディングス
5.東武鉄道
6.日本郵政
7.オリエンタルランド
8.ローソン
9.良品計画
10.くらコーポレーション
 
5月のテレビ報道CM価値換算では、「過去最高益」であることや東京ミッドタウンでの「フラワーアートアワード開催」、「各ららぽーとのイベント」等での露出により三井不動産が38億1100万円で第一位に輝きました。


4月
 
1.三井不動産 (換算価値4529百万円)
2.J.フロント リテイリング
3.東日本旅客鉄道
4.うかい
5.オリエンタルランド
6.セブン&アイ・ホールディングス
7.ビックカメラ
8.東急不動産ホールディングス
9.アマゾンジャパン
10.カドカワ
 
4月のテレビ価値換算ランキングで第一位に輝いたのは三井不動産で、価値換算値は45億2900万円となった。具体的露出は開業10周年を迎え桜の名所として人気急上昇の「東京ミッドタウン」や「ららぽーと」TOKYO-BAY横浜、豊洲等の紹介報道であった。


3月
 
1.オリエンタルランド (換算価値3131百万円)
2.三井不動産
3.東急不動産ホールディング
4.東日本旅客鉄道
5.西日本旅客鉄道
6.東京地下鉄
7.ヤマトホールディングス
8.エイチ・アイ・エス
9.ファーストリテイリング
10.東京急行電鉄
 
3月のCM価値換算値ではオリエンタルランドが31億3千万円で第一位に輝きました。その内容は「東京ディズニーシー15周年特別企画」や「非正規従業員2万人を組合員に待遇改善を進めた」等の報道露出が貢献しました


2月
 
1.三井不動産 (換算価値3150百万円)
2.東日本旅客鉄道
3.高島屋
4.西日本旅客鉄道
5.ビックカメラ
6.オリエンタルランド
7.クックパッド
8.東武鉄道
9.神奈川中央交通
10.ソフトバンク
 
2月のCM価値換算値では、三井不動産が「プレミアムフライデーのリムジンバスサービスへの協力」や「三井アウトレットパークの紹介」等で31億5千万円の露出効果があり、第一位に輝きました。


1月
 
1.東武鉄道 (換算価値3018百万円)
2.トヨタ自動車
3.セブン&アイ・ホールディングス
4.オリエンタルランド
5.宇宙航空研究開発機構
6.すかいらーく
7.成田国際空港
8.そごう・西武
9.ソニー
10.ローソン
 
1月のCM価値換算ランキングでは、東武鉄道が30億1800万円で第一位に輝きました。具体的には東京スカイツリー関係の露出が多く、「初日の出鑑賞イベント」や「ソラマチの郵政博物館での年賀状展」、「特設アイススケートリンクでの成人式」、「プロジェクションマッピング」等の露出効果が目立ちました。