テレビ情報のデータベース化、知識化、ネット情報の収集、多角的分析が現実世界を浮き彫りにします

テレビ報道にみる 月間『Good Brand 10』

 

全ニュース・報道を網羅的に

全国のニュース、報道を秒単位で網羅的に分析、集計し、各局・各時間帯のCM価値で換算し(コマ換)、各企業別に1ヶ月間の動きを集計しました。その結果をもとに「Good」なブランドのベスト10を発表しています。 

 

4016社、団体が対象

東証1部、2部、大証、ジャスダック、マザーズ、ヘラクレス各市場の上場企業と未上場の有力企業を加え、全4016社・団体を対象として月単位のブランディングベンチマークを実施、指標(インデックス)化しました。 

 

Goodニュースに絞る

膨大な全テレビニュース、報道から4016社・団体のデータを拾い上げ、そのなかから「Goodニュース」に絞って集計し、ランキングしました。そしてその集計データの中から「Goodニュース」を選択し「月間ベストブランド10」をリストアップ。その結果は、随時このページで発表していきます。ぜひご注目下さい。 

 


『Good Brand10』 6ヵ月推移

 集計・選別したGood Brand10 の6ヶ月間の推移を発表させていただきます。
(2010年6月より全国版の集計となっております。)


 

1月

    • 1.東京急行電鉄 (換算価値3256百万円)
    • 2.三井不動産
    • 3.東武鉄道
    • 4.ローソン
    • 5.ソニー
    • 6.東京地下鉄
    • 7.LINE
    • 8.ビックカメラ
    • 9.歌舞伎座
    • 10.富士急行

 
2018年1月期の「テレビ報道CM換算値(グッドブランド)」に東京急行電鉄が32億5600万円で第一位に輝きました。その具体的内容は「東急シアターオープン」や「ザ・キャピトルホテル東急」「渋谷ヒカリエ」等のレストラン、食堂の紹介に加えて、東急百貨店吉祥寺店の露出などであった。
 


 

12月

    • 1.セブン&アイ・ホールディングス (換算価値3238百万円)
    • 2.ユニー・ファミリーマートホールディングス
    • 3.三井不動産
    • 4.ローソン
    • 5.宇宙航空研究開発機構
    • 6.楽天
    • 7.ホンダ
    • 8.J.フロントリテイリング
    • 9.オリエンタルランド
    • 10.東武鉄道

 
昨年12月度のテレビ報道CM換算値は32億3800万円余りでセブン&アイ・ホールディングスが第一位に輝いた。具体的には「イトーヨーカドーのおせち」記者説明・試食会&トークショーや「セブンイレブンの自転車シェアリングサービスステーション設置」等であった。その他にも新商品等の紹介が数々あった。
 


 

11月

    • 1.三井不動産 (換算価値3406百万円)
    • 2.トヨタ自動車
    • 3.ソフトバンク
    • 4.LINE
    • 5.近鉄グループホールディングス
    • 6.ソニー
    • 7.三越伊勢丹ホールディングス
    • 8.スシローグローバルホールディングス
    • 9.東武鉄道
    • 10.ローソン

 
11月度のテレビ報道CM換算値では、三井不動産が34億6百万円余りで第一位に輝きました。具体的には、三井不動産系の各「ららぽーと」の紹介やダイバシティ東京プラザのアトラクションの紹介、加えて東京ミッドタウンのイルミネーション点灯式等の露出によるものでした。
 


 

10月

    • 1.オリコン (換算価値6780百万円)
    • 2.関西電力
    • 3.セブン&アイ・ホールディングス
    • 4.三井不動産
    • 5.オリエンタルランド
    • 6.ローソン
    • 7.ソニー
    • 8.イオン
    • 9.ホンダ
    • 10.東海旅客鉄道

 
10月度のテレビ報道CM換算値の第一位には、67億8千万円でオリコンに輝きました。その内容は「オリコン1位を獲得した過去50年間のヒット曲」が大半を占め、加えて「オリコンドラマ賞」の紹介放送や、来年から変わる集計ルールについての紹介でした。
 


 

9月

    • 1.三井不動産 (換算価値2570百万円)
    • 2.アップル・ジャパン
    • 3.セブン&アイ・ホールディングス
    • 4.東武鉄道
    • 5.ローソン
    • 6.ウェザーニューズ
    • 7.ファーストリテイリング
    • 8.トリドールホールディングス
    • 9.すかいらーく
    • 10.アサヒグループホールディングス

 
9月度のテレビ報道CM換算値は、25億7千万円で三井不動産が第一位に輝きました。具体的には次のような報道露出がありました。まず「ニューヨークに最大規模の高層ビルを建設する事業に参画へ」、続いて「東京ミッドタウン特設会場での催事や移動コンサートホールの設置」、「ダイバーシティ東京プラザでの新ガンダムお披露目」等がありました。
 


 

8月

    • 1.東京地下鉄 (換算価値2530百万円)
    • 2.宇宙航空研究開発機構
    • 3.トヨタ自動車
    • 4.三井不動産
    • 5.東武鉄道
    • 6.イオンモール
    • 7.エイチ・アイ・エス
    • 8.マツダ
    • 9.ビックカメラ
    • 10.オリエンタルランド

 
8月のテレビ報道CM価値換算ランキングでは、東京地下鉄が25億3千万円で第一位に輝きました。具体的内容では「新宿駅プロムナードの『くまのプーさん』公開40周年記念フォトスポット」や「東大前駅のホームなどに週刊少年ジャンプとコラボしたポスター」の紹介などがあり、また業務的には「177駅のうち88駅にホームドアを2025までに設置する計画」などの発表が貢献しました。