テレビ情報のデータベース化、知識化、ネット情報の収集、多角的分析が現実世界を浮き彫りにします

テレビ報道にみる 月間『Good Brand 10』

 

全ニュース・報道を網羅的に

全国のニュース、報道を秒単位で網羅的に分析、集計し、各局・各時間帯のCM価値で換算し(コマ換)、各企業別に1ヶ月間の動きを集計しました。その結果をもとに「Good」なブランドのベスト10を発表しています。 

 

4016社、団体が対象

東証1部、2部、大証、ジャスダック、マザーズ、ヘラクレス各市場の上場企業と未上場の有力企業を加え、全4016社・団体を対象として月単位のブランディングベンチマークを実施、指標(インデックス)化しました。 

 

Goodニュースに絞る

膨大な全テレビニュース、報道から4016社・団体のデータを拾い上げ、そのなかから「Goodニュース」に絞って集計し、ランキングしました。そしてその集計データの中から「Goodニュース」を選択し「月間ベストブランド10」をリストアップ。その結果は、随時このページで発表していきます。ぜひご注目下さい。 

 


『Good Brand10』 6ヶ月推移

 集計・選別したGood Brand10 の6ヶ月間の推移を発表させていただきます。
(2010年6月より全国版の集計となっております。)

 
 


 

5月

  

    • 1.すかいらーくホールディングス (換算価値3,729百万円)
    • 2.ファミリーマート
    • 3.オリエンタルランド
    • 4.吉野家ホールディングス
    • 5.日清食品ホールディングス
    • 6.オイシックス
    • 7.良品計画
    • 8.LINE
    • 9.ANAホールディングス
    • 10.高島屋

 
2020年5月のテレビ報道CM価値換算ランキングのトップは「すかいらーくホールディングス」になり、37億2900万円を獲得した。具体的には、「時短営業を5月19日まで延長」「緊急事態宣言が解除された地域で営業時間を午後10時まで延長する方針」等、営業時間の抜本的改革に関する対策を発表し注目を集めた。
 


 

3月

  

    • 1.神戸物産 (換算価値5,060百万円)
    • 2.東日本旅客鉄道
    • 3.三井不動産
    • 4.オリエンタルランド
    • 5.ローソン
    • 6.東武鉄道
    • 7.日本銀行
    • 8.松竹
    • 9.NTTドコモ
    • 10.楽天

 
3月度のテレビ報道CM価値換算ランキングでは、神戸物産が第一位となった。具体的には、日テレ、TBS、フジの番組で神戸物産の「業務スーパー」としての特徴が大きく取り扱われたことで、CM価値換算値では50億6000万円になった。
 


 

2月

  

    • 1.イオンモール (換算価値2,046百万円)
    • 2.スシローグローバルホールディングス
    • 3.帝国ホテル
    • 4.三井不動産
    • 5.西武ホールディングス
    • 6.日本マクドナルドホールディングス
    • 7.ANAホールディングス
    • 8.アサヒグループホールディングス
    • 9.ローソン
    • 10.マルハニチロ

 
2月度のテレビ報道CM価値換算ランキングでは、イオンモールが20億4600万円で第一位になった。具体的には、イオンモールの「幕張新都心」や「オフィスを併設した複合施設の開発を強化」等の紹介等が寄与した。
 


 

1月

  

    • 1.三井不動産 (換算価値3,419百万円)
    • 2.くら寿司
    • 3.王将フードサービス
    • 4.串カツ田中ホールディングス
    • 5.ホットランド
    • 6.東日本旅客鉄道
    • 7.東武鉄道
    • 8.メルカリ
    • 9.ANAホールディングス
    • 10.オリエンタルランド

 
2020年1月期のテレビ報道価値換算ランキングでは、三井不動産が34億1900万円で第一位に輝いた。具体的には「東京ミッドタウン日比谷」での各種イベントや三井ガーデンホテルの開業等と三井アウトレットパーク木更津の紹介等が寄与した。
 


 

12月

 

    • 1.ワークマン (換算価値3,909百万円)
    • 2.旭化成
    • 3.ローソン
    • 4.神戸物産
    • 5.東武鉄道
    • 6.アークランドサービスホールディングス
    • 7.三井不動産
    • 8.イオンモール
    • 9.オリエンタルランド
    • 10.東日本旅客鉄道

 
2019年12月度のテレビ報道月間価値換算ランキングでは、39900万円で「ワークマン」が第一位に輝いた。具体的には「日経トレンディ2019年ヒット商品ベスト30」で第一位を射止めたことや、ワークマンの商品が注目された等によりテレビ露出が増加したことが寄与した。
 


 

11月

 

    • 1.Zホールディングス (換算価値4,572百万円)
    • 2.LINE
    • 3.三井不動産
    • 4.オリエンタルランド
    • 5.ロイヤルホールディングス
    • 6.日本KFCホールディングス
    • 7.パルコ
    • 8.セブン&アイ・ホールディングス
    • 9.メルカリ
    • 10.トヨタ自動車

 
2019年11月のテレビ報道CM価値換算ランキングでは、「Zホールディングス」が45億7200万円で第一位に輝いた。具体的には「LINE」との経営統合を正式に発表したことや、「ZOZO」に対するTOBの成立発表等による報道が大きく寄与した。