テレビ情報のデータベース化、知識化、ネット情報の収集、多角的分析が現実世界を浮き彫りにします

テレビ報道にみる 月間『Good Brand 10』

 

全ニュース・報道を網羅的に

全国のニュース、報道を秒単位で網羅的に分析、集計し、各局・各時間帯のCM価値で換算し(コマ換)、各企業別に1ヶ月間の動きを集計しました。その結果をもとに「Good」なブランドのベスト10を発表しています。 

 

4016社、団体が対象

東証1部、2部、大証、ジャスダック、マザーズ、ヘラクレス各市場の上場企業と未上場の有力企業を加え、全4016社・団体を対象として月単位のブランディングベンチマークを実施、指標(インデックス)化しました。 

 

Goodニュースに絞る

膨大な全テレビニュース、報道から4016社・団体のデータを拾い上げ、そのなかから「Goodニュース」に絞って集計し、ランキングしました。そしてその集計データの中から「Goodニュース」を選択し「月間ベストブランド10」をリストアップ。その結果は、随時このページで発表していきます。ぜひご注目下さい。 

 


『Good Brand10』 6ヶ月推移

 集計・選別したGood Brand10 の6ヶ月間の推移を発表させていただきます。
(2010年6月より全国版の集計となっております。)


7月

 

    • 1.宇宙航空研究開発機構 (換算価値4,578百万円)
    • 2.三井不動産
    • 3.セブン&アイ・ホールディングス
    • 4.大戸屋ホールディングス
    • 5.イオンモール
    • 6.楽天
    • 7.ソニー
    • 8.エイチ・アイ・エス
    • 9.オリエンタルランド
    • 10.メルカリ

 
7月度のテレビ報道CM価値換算ランキングでは、「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」が45億7800万円で第一位に輝いた。具体的には、「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに2度目の着陸に挑戦した一連の報道や、トヨタと有人月探査車の共同研究を開始したことなどが貢献した。
 
 


6月

 

    • 1.イオン (換算価値2,445百万円)
    • 2.すかいらーくホールディングス
    • 3.ジョイフル本田
    • 4.くら寿司
    • 5.日本郵政
    • 6.三井不動産
    • 7.東日本旅客鉄道
    • 8.日本航空
    • 9.ANAホールディングス
    • 10.東武鉄道

 
2019年6月度のテレビ報道CM価値換算ランキングは「イオン」が24億4500万円で第一位に輝いた。具体的には、「2020年東京オリパラ組織委員会がイオンレイクタウン店頭でペットボトル以外のプラスッチック容器の回収」を始めたことや、「紙や木材を使ったストローやスプーンの販売」を開始したことなどが寄与した。
 


 

5月

    • 1.三井不動産 (換算価値4,905百万円)
    • 2.オリエンタルランド
    • 3.ローソン
    • 4.セブン&アイ・ホールディングス
    • 5.すかいらーくホールディングス
    • 6.カルビー
    • 7.トヨタ自動車
    • 8.東武鉄道
    • 9.高島屋
    • 10.良品計画

 
2019年5月度のテレビ報道CM価値換算ランキングの第一位には三井不動産が49億500万円で輝いた。具体的には、「ビジネス関連のイベントに本田圭佑が出席した」、「選手村マンションのモデルルームに見学者が殺到した」、「ミッドタウンこいのぼりくぐり」等のイベント紹介が多かった。
 


 

4月

    • 1.宇宙航空研究開発機構 (換算価値10,108百万円)
    • 2.三井不動産
    • 3.オリエンタルランド
    • 4.良品計画
    • 5.東急不動産
    • 6.オイシックス
    • 7.阪急阪神ホールディングス
    • 8.NTTドコモ
    • 9.東日本旅客鉄道
    • 10.くら寿司

 
4月度のテレビ報道CM価値換算値ランキングでは「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」が101億800万円で第一位に輝いた。具体的には、「はやぶさ2」がリュウグウの表面にクレーターを作るという世界初のミッションに挑戦し成功したことが一部始終報道されたこと等が中心となり、NASAのプロジェクトチームがJAXAを訪問したことも合わせて報道され、大きな露出効果となった。
 


 

3月

    • 1.宇宙航空研究開発機構 (換算価値3649百万円)
    • 2.日清食品ホールディングス
    • 3.ローソン
    • 4.日産自動車
    • 5.セブン&アイ・ホールディングス
    • 6.三菱自動車
    • 7.三越伊勢丹ホールディングス
    • 8.三井不動産
    • 9.アマゾンジャパン
    • 10.アップルジャパン

 
2019年3月度のテレビ報道CM価値換算値ランキングは「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」が36億4900万円で第一位に輝いた。具体的には、「はやぶさの着陸映像の公開」や、次のミッションとしてクレーターの穴を人工的につくる等の取り組みを発表したことなどが寄与した。
 


 

2月

    • 1.宇宙航空研究開発機構 (換算価値4651百万円)
    • 2.東武鉄道
    • 3.小田急電鉄
    • 4.スシローグローバルホールディングス
    • 5.京成電鉄
    • 6.神戸物産
    • 7.東日本旅客鉄道
    • 8.不二家
    • 9.イオンモール
    • 10.東京ドーム

 
2月度のCM価値換算値は「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」が46億5100万円で第一位に輝いた。
具体的には、小惑星探査機「はやぶさ」が22日に小惑星「リュウグウ」に着陸する予定であると発表してから、降下の検討や降下開始、そして成功、さらに高度20キロの宇宙空間に戻ったこと等の発表により、大きな露出価値となった。