テレビ情報のデータベース化、知識化、ネット情報の収集、多角的分析が現実世界を浮き彫りにします

テレビ報道にみる 月間『Good Brand 10』

 

全ニュース・報道を網羅的に

全国のニュース、報道を秒単位で網羅的に分析、集計し、各局・各時間帯のCM価値で換算し(コマ換)、各企業別に1ヶ月間の動きを集計しました。その結果をもとに「Good」なブランドのベスト10を発表しています。 

 

4016社、団体が対象

東証1部、2部、大証、ジャスダック、マザーズ、ヘラクレス各市場の上場企業と未上場の有力企業を加え、全4016社・団体を対象として月単位のブランディングベンチマークを実施、指標(インデックス)化しました。 

 

Goodニュースに絞る

膨大な全テレビニュース、報道から4016社・団体のデータを拾い上げ、そのなかから「Goodニュース」に絞って集計し、ランキングしました。そしてその集計データの中から「Goodニュース」を選択し「月間ベストブランド10」をリストアップ。その結果は、随時このページで発表していきます。ぜひご注目下さい。 

 


『Good Brand10』 6ヶ月推移

 集計・選別したGood Brand10 の6ヶ月間の推移を発表させていただきます。
(2010年6月より全国版の集計となっております。)

  


 

5月

 

    • 1.ローソン (換算価値3,697百万円)
    • 2.Zホールディングス
    • 3.ワークマン
    • 4.三井不動産
    • 5.西武ホールディングス
    • 6.カッパ・クリエイト
    • 7.くら寿司
    • 8.味の素
    • 9.東日本旅客鉄道
    • 10.オリエンタルランド

 
5月度におけるテレビ報道CM換算値ランキングでは、「ローソン」が36億9700万円で第一位に輝いた。「約370商品のウーバーによる配達が可能になった」「コンビニで指定ごみ袋をレジ袋に再利用できる取り組みを開始した」「ワクチン予約相談サービス拠点を設置」等による報道が寄与した。
 


 

4月

 

    • 1.FOOD&LIFE COMPANIES (換算価値4,531百万円)
    • 2.セブン&アイ・ホールディングス
    • 3.くら寿司
    • 4.すかいらーくホールディングス
    • 5.ローソン
    • 6.神戸物産
    • 7.良品計画
    • 8.伊藤忠商事
    • 9.パルグループホールディングス
    • 10.東京地下鉄

 
4月度におけるテレビ報道CM換算値ランキングでは、「FOOD&LIFE COMPANIES」が45億3100万円で第一位に輝いた。「スシロー」のタイ1号店出店の話題や社名変更、コロナ禍での過去最高売り上げの更新等の話題が大きく寄与した結果であった。
  


 

3月

 

    • 1.ファーストリテイリング (換算価値2,304百万円)
    • 2.コメダホールディングス
    • 3.日本KFCホールディングス
    • 4.良品計画
    • 5.ANAホールディングス
    • 6.くら寿司
    • 7.日本電信電話
    • 8.モスフードサービス
    • 9.Zホールディングス
    • 10.任天堂

 
2021年3月期のテレビ報道CM換算値ランキングでは、「ファーストリテイリング」が23億400万円で第一位となった。具体的には、「作家・村上春樹とコラボした商品」を発売したことや、ジルサンダーとのコラボ「+J」春夏コレクションの再発売の話題、加えてハノイでユニクロのダウンジャケットが人気になっている等のテレビ報道が大きく寄与した。
 


 

2月

 

    • 1.すかいらーくホールディングス (換算価値4,228百万円)
    • 2.日清食品ホールディングス
    • 3.東急ハンズ
    • 4.パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス
    • 5.ローソン
    • 6.パルグループホールディングス
    • 7.日清製粉グループ
    • 8.イートアンドホールディングス
    • 9.東京空港事務所
    • 10.トヨタ自動車

 
2月度のテレビ報道CM価値ランキングでは、すかいらーくホールディングスが42億2800万円を獲得し、第一位に輝いた。具体的には、「宅配とデリバリー」の新業態をスタートさせたことや、ガスト杉並和泉店にグループ内のから揚げ専門店「から好し」を併設する等の新しいビジネス展開を行ったことが評価され、2020年4-12が付きの最終赤字172億円をものともせず第一位に輝いた。
 


 

1月

 

    • 1.ローソン (換算価値3,808百万円)
    • 2.オリエンタルランド
    • 3.伊藤忠商事
    • 4.セブン&アイ・ホールディングス
    • 5.すかいらーくホールディングス
    • 6.東急
    • 7.三越伊勢丹ホールディングス
    • 8.日本航空
    • 9.KDDI
    • 10.王将フードサービス

 
2021年1月度のテレビ報道CM価値ランキングでは、ローソンが38億800万円で第一位に輝いた。具体的には、新製品や「宅配代行サービス」等の紹介に加えて、「この春から契約期間を5年に短縮できるようにする」等の施策の発表が寄与したと考えられる。
 


 

12月

 

    • 1.宇宙航空研究開発機構 (換算価値8,728百万円)
    • 2.NTTドコモ
    • 3.オリエンタルランド
    • 4.スシロー
    • 5.ソフトバンク
    • 6.東宝
    • 7.東武鉄道
    • 8.KDDI
    • 9.ニトリホールディングス
    • 10.日本航空

 
2020年12月度のテレビ報道CM価値ランキングでは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が87億2800万円で第一位に輝いた。内容としては「はやぶさ2」が小惑星リュウグウの砂が入ったとみられるカプセルを地球に帰還させた一部始終が大きく取り扱われた事が寄与した。