テレビ情報のデータベース化、知識化、ネット情報の収集、多角的分析が現実世界を浮き彫りにします

エターナルコレクター・システム

 煩雑・面倒だった映像情報の管理を一気に効率化

 

数年分の映像データを全自動アーカイブ! キーワードで一発検索

数年分の映像を保存し、同時に抄録文も保存するので、キーワードで検索して素早く対象の映像を視聴することができます。しかも必要であれば、DVDなどにコピーをすることも可能です。

映像を検索する機能、数年間という膨大な映像資料をアーカイブする機能、つまり従来では考えられないことが現実になりました。
 

5年超の映像ライブラリからいつでも検索

 必要なときに、情報の検索をし、見たい情報の映像その箇所だけを瞬間的に視聴することができます。(通常5年間、追加増設可能)

 

操作は本体リモコンでもPCでも

検索キーワードの設定や映像の抽出・再生も、本体の操作は「付属リモコン」でも「パソコン」(キーボード・マウス)でも可能です。

 

DVDへの保存も可能

本システムを導入すれば、必要な映像情報だけハードディスクに保存されるので、DVDの必要性は一切必要なくなり、情報の管理は大幅に簡素化されることでしょう。もちろん用途・目的により、必要に応じてDVDに書き出すことも可能です。

 
 

報道・ニュース

記事単位でニュース映像を検索し、再生・比較・確認

キー局全6チャンネルのニュース・報道番組を、一週間にわたりすべて録画し、アーカイブ保存します。蓄積されるニュース・報道番組は、番組単位はもちろん、テーマや内容に即して記事単位で詳細情報がメタデータ化することにより、後々任意のキーワードで呼び出し、記事単位で再生することができます。

CM

在京民放5局の全CMを5年以上 アーカイブして瞬時に映像チェック

1日50本以上の新着CMを自動アーカイブ

新しいCMが、毎日約50本も誕生しています。その一本一本に企業の、制作者たちの熱い想いが込められています。
CMエターナルコレクターは、こうしたCM作品を日々刻々と自動的にアーカイブし、5年以上にわたるCMライブラリーを可能にしました。

CMに付随する商品名やタレント名も同時に保存

CMエターナルコレクターは、映像・音声だけでなく、CM一本一本の『商品名、会社名、出演するタレント名、CMソング名、CMソングの歌い手、情景の描写、URL、放送日、放送時間(秒単位)等』のメタデーが記述されます。

キーワードで過去CMを瞬時に検索・再生

後々、特定のCMを探し出したい時も、これらのメタキーワードからCM作品を容易、かつ瞬時に検索・再生することができます。また商品名や会社名、タレント名等に合致するCMを複数件連続再生することも可能です。
 

全CMデータベース 

このCMは、どの番組でいつ(秒単位で)放送されたのか。CMの全パターンを収録し、その放送履歴を網羅的にデータベース化しています。